園長のささやき

カテゴリ 件数 検索
カテゴリ:こどもたちの学び
世界で一番楽しいところ

2月1日は、年長組の遠足でした。

昨年同様に、事前の取組として、保護者の方の協力のもと遠足の場所を選定。「浅草花やしき」になりました。

そして、乗り物券が一人5回分。さて、数ある乗り物の中から、グループで何を選ぶか。こちらも相談です。

 

当日は、お天気がよく、最高の遠足日和でした。サポートの保護者の方と電車に乗ります。

電車のマナーもよかったですよ!静かに過ごしていました。

 

 

そして、グループ行動が始まり、自分たちで決めた乗り物にのります。

お化け屋敷に怖じ気づいてしまう子もいましたが、そんな時はグループで相談し、問題を解決しながら進んでいました。

 

 

 

サポートの保護者の方、ありがとうございました。そして、住吉駅まで送り迎えをしてくださった保護者の皆様にも感謝です。

こどもたちは、かなり楽しかったようです。事前に、みんなで計画したこともあり、思いが詰まっていたのかもしれませんね。

ある子がとても楽しすぎて「世界でいちばん楽しいところだね!」と言っていました。

素敵な幼稚園の思い出ができたことでしょう。

 

公開日:2024年02月06日 20:00:00
更新日:2024年02月06日 21:04:38

カテゴリ:こどもたちの学び
みんなに育ててもらうこどもたち

今日は、いちご組のこども会でした。

はりきっている子、ドキドキしている子・・・それぞれの姿がありました!

野菜の栽培を楽しんでいる子が多いので、日常の生活とストーリーがつながり、自分の役のイメージも膨らませながら楽しめたと思います。

何より、保護者の方が温かく、笑顔で応援してくださったことに感謝です。

 

こども会の後、保護者の方には、地域の自然マップづくりにも協力していただきました!

このマップは、地域の方、近隣の中学校・小学校・保育園の先生方にも協力していただき作成中です。でき上がりが楽しみです。

 

現在、魅力ある園庭づくり作戦を行っています。

昨日は、地域の方からタイヤをいただきました。このタイヤはどうなるのか・・・・。

数人のこどもたちと運びました!

 

そして、園庭に新たな切り株が登場!

地域の方がくださいました。木だから割れたらまた交換するよ!

よく見ると、一つ一つ、危険のないように角をとってくださっているのです。

こどもたち、幼稚園のために協力してくださり有り難いです。

 

 

さらに、地域の獣医さんである保護者の方に、モルモットのもるちゃんについて話していただきました。食べ物と体のしくみがよく分かりました。

そしてなんと、聴診器でもるちゃんの心臓の音を聴かせてくださったのです!

こどもたちは、「どどどどど!ライオンが走るみたいな音だったよ!」など感じたことを伝えていました。

 

「心臓の音」は「生きる音」。小さな命を守ろうとする気持ちが、より膨らんだのではないでしょうか。

「見て、触って、聴いて・・・、感じる」、素晴らしい実体験でした。


保護者の方を軸として、地域の方とこどもたちをつなぐ。

園としてどのように進めていくか・・・・考えながら保育をしています。

 

 

 

 

 

公開日:2024年01月31日 18:00:00
更新日:2024年01月31日 19:21:11

カテゴリ:こどもたちの学び
あるひのヒヨドリ

ある日の朝のことです。

ひまわり組の前のテラスに、鳩のような鳥がじっと座っていました。

オシッコもしていて、自分で動けないようです。

調べてみると、ヒヨドリでした。

自然環境局に相談すると、

この時期は、ガラスにぶつかって脳しんとうを起こしてしまう鳥もいるとのことです。

そうであるなら、2時間~半日をかけて自分から飛び立とうとするので、

そのまま見守ってください、とのことでした。そこで、こどもたちと見守ることにしました。

 

心配そうにずっとヒヨドリを見ていてくれる子もいます。

そして、ある子が、興奮ぎみに、「園長先生!ヒヨドリが動いたよ!」と呼びにきてくれ、見に行くと、ヒヨドリがテラスの下に移動していました!

自分で動いたのです!

 

こどもたちは、ヒヨドリに元気になってもらいたいと、水をあげることにしました。

どの容器がいいか?「あ!砂場にある!」急いで取りに行く子もいました。

そして、ヒヨドリにそっとあげると、水を飲んだのです。

こどもたちは大喜び!

ヒヨドリは、徐々に動くようになり、隣の公園に飛んでいきました。

跳んで行った方面を追ったのですが、もう見当たりませんでした。その後の行方は分からず・・・

元気に過ごしていることを願います。

小さな生き物に思いを馳せる、心配して自分たちは何ができるか考えお水をあげる姿。

年長組の心の育ちが嬉しいですね。

 

公開日:2024年01月19日 20:00:00

カテゴリ:こどもたちの学び
新年から様々な方と関わる機会がありました

新年から保育が始まって1週間。様々な人に支えられいる実感をもつスタートとなりました。

まず、この切り株。地域の方のご厚意で園に提供してくださいました。こどもたちは、切り株に直ぐに反応し、跳んだり遊びに生かしたりしています。切り株の木の温もりが感じられる園庭です。

 

能登の震災を受けて、地域の方が「簡易トイレの見本」を紹介してくださいました。「備えあれば憂いなし」。対策をしておくことは安心につながりますね。

 

年長組の「新年お茶会」。今年は、こどもたちもお茶を点てました。「相手を思って行動する」「ありがとうという気持ちを伝え合う」講師の先生から、お茶以外のこともたくさん教えていただきました。

 

年長組は、親子で焼き物の挑戦。保護者の方が講師をしてくださいました。こんな丸い粘土が素敵なお皿になったのです。焼き上がりが楽しみです。「土に触れる」「創る喜びを感じる」できた豆皿は宝物になるでしょう。

 

参観では親子で、昔遊び、凧作りをはじめ、様々な遊びを楽しみました。昔ならではの遊びは、多様な体の動きも引き出します。例えばコマは手首の回し方が重要ですよね。幼児期は、体を十分に動かして、たっぷりと遊びたいですね。

 

そして、スポチャン。昔は木の枝を振り回して遊んでいる子もいましたが、スポチャンは、そのような遊びを継承していますね。時には、真剣勝負も楽しいもの!大人もこどもも・・・・。

 

いろいろな人と関わりながら、こどもたちは、その大人の人の姿をみています。

お茶の先生が、どのようなこどもの問いかけも丁寧に受け止めて、それに「知識」を加えて言葉を返してくださる対応は見事です。

スポチャンの講師の先生の判定に、みんなそのまま従うのは、スポチャンという遊びを大切にしている講師の先生への敬意でしょう。

また、地域の方が気付いて自ら行動する姿を目の前でみるのは、主体的に行動することのモデルとなるでしょう。

 

「地域の方、そして保護者の皆様と共にこどもたちを育てている」そのような教育の場でありたいと願っています。

 

 

公開日:2024年01月13日 18:00:00
更新日:2024年01月13日 19:21:13

カテゴリ:こどもたちの学び
ボール?で遊ぼう

この頃、サッカーが盛んです。

はじめは、1つのコートにボールが2~3個あり、ただただ蹴ってゴールをすることを楽しむ、という状況でした。

それはそれで、一つの遊び方だと思います。

先日、少しルールを決めてサッカーの試合のようにやってみました。

はじめは、ボールが一つしかないのでパスが回ってこない、キーパーも一人なので好きな時にできないなどの不満をもつ子もいました。

しかし、ルールがあることでの、少しの緊張感が、きりりとボールを追いかける姿につながります。

パスは回らなくでも、1つのボールにみんなが注目して追いかける面白さが、そこにはありました。

次第に点数をかぞえはじめ、審判役がでてきたり、遊びに変化が見られてきたのです。

ルールや約束があるから試合が面白くなる、体験と気持ちでその感覚を体感していくのですね。

 

さて、こちらもボール遊び。

ビニールの中には落ち葉がきっしりと入っているのです。

なかなか重みのあるボール?を投げて楽しむこどもたちです。

「自分で創る」ことも大切。こちらも創造する面白さを感じることにつながります。

 

公開日:2023年12月21日 18:00:00

カテゴリ:こどもたちの学び
地域のお店に、お買い物

午前中は、もちつきでした!

晴天の中で「よいしょ!」と掛け声。楽しめましたね!

↑こうやって餅米を蒸しました。

素敵な鏡餅もできました。園に飾ってありますよ!

 

どうぞよい年を迎えられますように。

 

 

午後は、数名の子どもたちと、買い物に行きました。

カメの家に塗るペンキが必要なので、買い出しです。

↑この木の枠に模様を付けます。

 

帰りは、いつもの小名木川沿いを歩きます。

今日もクロダイが、ひっそりといました。そしてクラゲも発見!

さらに、カモを見付けて大喜び「かわいいね!」「みんなにも見せたいね!」と写真を撮りました。

みんなにこのホームページ、見てほしいなあ・・・・。

 

 

 

 

 

それから、先日、つばめ池に新しい橋が架かりました。

少しずつ、園庭が変わっていくのも楽しみですね!

 

 

 

 

 

公開日:2023年12月19日 19:00:00
更新日:2023年12月19日 20:14:36

カテゴリ:こどもたちの学び
プレ幼稚園 ジャンプクラスの日

先日のプレ幼稚園 ジャンプクラス。

3歳児の親子が来園し、お子さんと保護者は別れて過ごします。

この日、こどもたちはニンジンと小松菜の収穫をし、味噌汁を食べました。

それから、クリスマスの飾りもつくりましたよ。

 

保護者の方は、協同作業でのリースづくりです。

園庭のゴーヤとフウセンカズラのツルをリース状にしておいたので、

それに装飾をしていただきました。

今は、玄関に飾ってあります。

 

保護者の方は、「おしゃべりで、手が動いていなくて・・・」とおっしゃっていました。

実は、この「おしゃべり」が大事で、「コミュニティ」につながると思っています。

 

そうはいっても、素敵なリースが出来上がりましたよ!

ありがとうございました。

本園に入園でない方も、どうぞお越しください!

公開日:2023年12月18日 18:00:00

カテゴリ:こどもたちの学び
小学校との交流

北砂小学校1年生との交流を、先週、今週と2回行いました。

先週は、「展覧会の鑑賞」と「自然物を使った遊び」。

今週は、「学校探検」と「給食体験」です。

 

つばめ幼稚園の年長児と1年生がグループになり、行動します。

1年生は、幼稚園のこどもたちが喜ぶことを考え計画してくれています。

展覧会では、「これは、何を使っていると思う?」など、質問をしながら

案内してくれました。1歳上の1年生が頼もしく、幼稚園のこどもたちにとって憧れになっていたようです。

 

自然物を使った遊びでは、1年生が個々でアイデアを出して準備をしてくださっていました。

そして、それを使って遊びました。幼稚園の子もどんぐりが大好きなので、夢中になりあっという間の時間でした。

自然物は、想像と創造が豊かになり面白いですね。ほのぼのとした時間をくれます。

1年生のおかげで、自然物の魅力が広がりました。

もぐらたたき

 

 

めいろ

 

ぶんぶんゴマ

 

学校探検は、保育園の友達とも同じグループになりました。

「同じ小学校になる子もいるね」と話しました。

挨拶をしながら、少しずつ言葉を交わしていました。地域の同じ学年の友達が増えるのも嬉しいですね。

 

玄関の水槽を覗くこどもたち。

金魚に興味がある・・・といいますか、これまでの経験から、魚に親しみをもっているのでしょう。

 

楽しい交流でした。帰りも1年生や先生方が、玄関で見送ってくださり、こどもたちは、「また、会おうね」と手を振っていました。

小学校のイメージがよい方向になっていることでしょう。

 

 

公開日:2023年12月14日 21:00:00

カテゴリ:こどもたちの学び
園の生き物、冬ごもりの様子を観察しよう

冬の生き物は、とても静かです。そっと、じっと、過ごしています。

それぞれの生き物が知恵を働かせ、寒い時期を乗り切るのです。

小さな生き物がの暮らしを、こどもたちにも伝えています。

 

玄関の自然コーナーは、冬ごもりの雰囲気。

 

カブトムシは幼虫の姿のまま、過ごしています。

 

スズムシは、卵のまま過ごしています。

 

アマガエルのげこげこは、実は、時々起きてしまいます。

時々暖かい日があるからでしょうか。

 

 

カタツムリも、じっとしています。

げこげこと同じ水苔を入れてみましたが・・・・。

 

最後につばめ池。冬の池の中でも、小さな生き物が過ごしています。

こどもたちは、よく見ており、発見を楽しんでいます。

どこに何がいるかを予測する「よい目」になっています。

 

公開日:2023年12月05日 18:00:00

カテゴリ:こどもたちの学び
カメの家、リフォームしました

カメのカメキチとたんちゃんの家。素敵な家ですが、柵が倒れてきています。

そこで、地域の名人が、材料を用意してくださり、カメの家のリフォームがはじまりました。

新しく立派な柵ができています。

家の完成!名人のおかげで、園の生き物が幸せに暮らせます。

カメキチとたんちゃんは、気付いているかな?

新しい家。こどもたちはいつものようにカメにエサをあげようとします。しかし、なかなか食べてくれません。

冬の訪れとともに、カメの様子も変わってきます。継続して自然に関わることで、様々な変化に気付くこと、四季の巡りがあること、などなど学ぶことができます。

公開日:2023年12月03日 17:00:00
更新日:2023年12月04日 20:40:10