園長のささやき

カテゴリ 件数 検索
カテゴリ:こどもたちの学び
「数量」のおはなし

ここは、園庭ビオトープのエコスペースです。

枝や草花が土に還る場所です。

 

 

「ナメクジ、見付けた」

「ナメクジ、一人でかわいそうだね」

 

「ダンゴムシ、ここにはいっぱいいるよ」

「ひゃくにんいる」

「ひゃくじゅうひゃくにん」

「まって、むりょうたいすう」

幼児なりに、数が多いことを、なんとか言葉であらわそうとしています。

 

「数」と「量」は分けて考えるのではなく、実際に、見たり、持ったりすることで

感覚的に理解されていくのではないでしょうか。

 

単に数という記号を覚えるのではなく、

実体験の中で、「多い」「少ない」、さらに「長い」「短い」「重い」「軽い」などの

感覚を育んでいきたいですね。

公開日:2022年06月22日 15:00:00

カテゴリ:こどもたちの学び
感じたことが言葉になる

幼稚園では、夏野菜が実りつつあります。

先日、年長組は収穫したキュウリをいただきました。

新鮮なキュウリはみずみずしいですね。

 

 

さて、水やりをしている時の、こどもたちとの会話です。

キュウリの葉を触って

「ふわふわして、ざらざらしてる」

「毛布みたい」

「ふわふわして、やわらかいね」

「でもね、(葉の)裏がやわらかいんだよ」

さらに触って

「いい音!」(確かに、音がしました!)

「なんか、ギザギザする」(さらによく見ることで気付きが広がります)

 

こどもの心が動き、自分が感じたことや気付いたことを伝えたくなる時に、

「言葉」をつむいでいきます。

「言葉の育ち」と「心が動いて、伝えたくなる気持ち」は繋がっているのです。

 

 

公開日:2022年06月17日 18:00:00

カテゴリ:こどもたちの学び
いろんな あかちゃん

ある子が、トマトの小さな青い実を見付けました。

「トマトの あかちゃん かわいい」

よく見ると、確かに、小さくてかわいいのです。

 

ビオトープの めだか の あかちゃん

(園の玄関で見てください)

 

スズムシのあかちゃん(園の玄関で見てください)

野菜、虫、魚・・・・いろいろな赤ちゃんが増えることで、

それぞれ、大きくなっていく楽しみも増えますね。

公開日:2022年06月10日 18:00:00
更新日:2022年06月10日 19:01:57

カテゴリ:アートギャラリー
離任式 気持ちを込めてご招待

先日、離任式がありました。

年長組が会場の飾り付け 美しいアジサイを、みんなでつくりました。

小さな花のかたち、一つ一つ違います。

 

うけつけには、「ようこそ」と恐竜がお出迎え

 

喜んでいただき、よかったですね!

 

 

公開日:2022年06月08日 20:00:00
更新日:2022年06月08日 21:08:20

カテゴリ:こどもたちの学び
地域の方とつながって

つばめ幼稚園は地域に支えられている幼稚園です。

コロナ渦で、地域の行事に参加したり、園にお招きできない

日々が続いておりましたが、

今日は、評議員会のご案内をもって、3名の子たちと一緒に

(地域にお出かけ体験は順番に行います)近隣の方に届けにいきました。

地域の方は、こどもたちの挨拶にとても喜んでくださいました。

そして、喜んでいただけたことに、こどもたちも嬉しそうでした。

とても温かい関わりになりました。

「地域とこどもたちをつなげる」

そんな役割も幼稚園にはあると思っています。

公開日:2022年05月31日 19:00:00

カテゴリ:こどもたちの学び
大雨の日

先日の大雨。園庭が一瞬、湖のようになりました。

こどもたちは、雨の強さと水の量、いつもとは違う音に、興奮気味。

「こっちにながれているよ」流れる方向に興味津々。

 

年中組のこどもの中には、「雨だいすき!」と外に出てしまう子も。

少し弱くなった時に、傘をさしてお散歩。

歩いた時の地面を踏む感覚の違いを感じるでしょう。

 

雨が降っていた時に、「(周囲のマンションが)見えないよ」と

周りの景色がぼんやりとしていることが気になった子がいました。

雨があがった時にはクリアに見えることを発見。

「よく、見える!」

大雨の一日、自然がもたらす様々な現象を感じた一日でした。

 

 

公開日:2022年05月29日 19:00:00

カテゴリ:こどもたちの学び
和船 江戸文化の魅力

つばめ幼稚園は、以前から横十間川親水公園内の和船乗船をしています。

コロナ禍でしたので、数年ぶりの和船体験でした。

和船に乗ったこどもたちは、わくわく感でいっぱい。

よく注意も聞いて、静かに乗船していました。

太陽で水面が光り、風が心地よく、静かなので舟を漕ぐキーキーという

音が聞こえ、情緒たっぷりでした。

昔からの舟の漕ぎ方、帽子ではなくトンガリ笠、

江戸の風情に触れた一時でした。

地域の方と触れ合いながら文化を感じる、素晴らしい体験でした。

ご家族でも江戸文化を体験してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

公開日:2022年05月25日 19:00:00

カテゴリ:アートギャラリー
砂場の ケーキ ギャラリー

幼稚園の砂場で・・・・

たくさんのケーキが並んでいます。

(写真の倍、ありました!)

よく見ると、一つ一つ違うのです。

 

抹茶味のケーキです↓

 

砂場でのアートでした。

公開日:2022年05月18日 19:00:00

カテゴリ:こどもたちの学び
穴の魅力

昨日の猿江恩賜公園での親子遠足。

森のような場所で、こどもたちは、自然からの様々な発見を楽しみました。

地域なのお馴染みの公園ですが、

園のみんなで行くことで、いつもとは、違う気付きがありましたね。

 

さて、ある子が、地面の上で「穴」を発見。

切り株のような場所の中央に見付けました。

 

棒で中の様子を探ります。

「何があるんだろう?」ときっと興味津々なんでしょうね。

そのうちに、お友達も集まってきます。

「何かいるのかな?」「ビー玉があるんじゃない?」など、それぞれのイメージが膨らんでいるようです。

 

結局、何がいるのかは誰も分からないのですが・・・・・、

「穴」は想像をかきたてる魅力がありますね。

 

公開日:2022年05月18日 18:00:00
更新日:2022年05月18日 19:15:25

カテゴリ:こどもたちの学び
何の幼虫かな

保護者の方が、園に「何か」の幼虫をもってきてくださいました。

枯れ葉が入っていて、見るからに最適な環境です。

 

そして、新聞紙の上に土ごと出してみると・・・・

 

 

可愛い幼虫が、土の中から出てきました。

こどもたちは、

「いた!」「すぐにもぐっちゃうね」「かくれるの早い!」

「お口がある。赤いよ」と興味津々。

 

日頃からこどもたちとは、自然に親しんでいますが、

保護者の方が、一緒に面白がって支えてくださることが嬉しいです。

 

そして、こどもたちの興味や関心を深めていくことも大切ですが、

「虫たちも人と同じように生きているんだなあ」と

一緒に過ごすことで、なにげなく、日常のあたりまえの風景のように

感じられるといいなと思います。

 

さて、どんな虫に変身するか楽しみですね。

ホームページでもご報告します!

 

 

 

公開日:2022年05月13日 20:00:00